記事の詳細

キャッシングを利用するときに一番重要なのは金利でしょう。借り入れする額が多いほど、借り入れ期間が長いほどに金利の影響は大きくなっていきます。キャッシングを何度も使う予定のある人ならば1%でも金利を抑えようとするのは当然です。

そんな利息節約派な人にぴったりなのは新生銀行のノーローンです。ノーローンには1週間無利息システムというのがあります。これは、借り入れした後の1週間の間は利息がつかないというシステムです。つまり、借り入れして1週間以内に完済してしまえば、全く損失を出さずに済みます。例えば、給料日が5日後に迫っているが、どうしても今購入したい商品があるというときノーローンが役立ちます。給料日が来たらすぐに完済してしまえば無利息ですし、商品も給料日前に購入できてしまいます。

なお、もしも完済が借り入れの1週間後になったとしても、利息が計算されるのは1週間を超えた日数に対してだけです。1週間を超えたからといって、借り入れ日数全てに利息がつくわけではないので良心的です。給料が支払われても、そこまで大慌てで返済する必要はありません。8日後、9日後に返済したところでつく利息は1日分か2日分ですから微々たるものです。

キャッシングに詳しい人はプロミスの30日間無利息システムの方が有利と思うかもしれません。しかし、プロミスの場合は初回の借り入れに限ると条件がついていることに注意が必要です。二回目以降は通常通りの金利がかかりますから継続利用には不向きです。一方、ノーローンならば1週間無利息システムに回数制限はありません。完済した翌月からはまた1週間無利息で借り入れができます。

一度きりしか借り入れしないという固い決意がある人ならばプロミスでもいいかもしれませんが、キャッシングというのは使ってみると便利さに気付き何度も使いたくなるものですから、継続利用にも便利なノーローンを選ぶほうが無難でしょう。特に給料日前にピンチになりやすい人はノーローンを申し込むと楽にピンチを乗りきれるようになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る