記事の詳細

新生銀行グループのキャッシングブランドとして、「ノーローン」というブランドがあります。
このノーローンに申し込む際には、本人を確認するための書類が必要となります。
では、どのような書類が必要となるのでしょうか。

必要な書類は主に3つあり、その中の1つを提示すればよいことになっております。
まずは運転免許証です。

運転免許証を持っている人は多く、顔写真も入っていることから、キャッシング以外の身分証明としてもよく使われます。
運転免許証は、あくまでも運転技術を有することの証明書であり、これを提示したからといってキャッシングの審査に有利になる事はありません。

次にパスポートです。パスポートは、誰でも持つことのできる数少ない本人確認書類のひとつです。
海外旅行には縁のない人も、上記のような理由でパスポートを持っている人もいます。

ただし、運転免許証と同様に、パスポートを持っているからといって、審査が有利になる事はありません。
最後に、健康保険証です。

健康保険証も、日本では広く身分証明として使われています。
健康保険証が運転免許証やパスポートと異なる点、それは審査に有利に働くということです。
特に社保や共済保険の場合には、勤務先の証明にもなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る