記事の詳細

ノーローンというキャッシングは、新生銀行グループのキャッシングブランドです。
同じ新生銀行グループのキャッシングブランドとしては、レイクがあります。
どちらも同じようですが、何か違いはあるのでしょうか。

もっとも大きな違いといえば、無利息サービスの内容です。

ノーローンとレイク、どちらも無利息サービスを実施していますが、その内容に違いがあります。

1.レイクでは、30日間無利息サービスを実施しております。

2.一方でノーローンの場合、無利息期間は1週間と短いものです。

しかしノーローンには、レイクにはないメリットがあります。
それは、この1週間無利息サービスは何回も利用できるのです。

残念ながらレイクの30日間無利息サービスは、新規契約時にしか使うことが出来ません。
これが大きな違いといえます。


これらの違いを踏まえて、レイクとノーローンはどのように使い分けをしていけばいいのでしょうか。
多くの金額を長期間借りる際には、レイクで借りたほうが有利となります。

30日間の無利息期間の間に、元金をある程度返済できれば、その後の返済が楽になります。
一方で、少しの金額を短期間借りる場合には、ノーローンの方が有利です。
うまくやれば、ずっと無利息でお金を借りることができるのですから。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る